『海炭市叙景』

2011.12.19 02:26|映画感想
 ・“生きていると 悲しい  生きていることは 悲しくない”
  ――時雨沢恵一『キノの旅Ⅶ』より

 『海炭市叙景』
 2010.配給:スローラーナー
 原作:佐藤泰志『海炭市叙景』(『佐藤秦志作品集』収録)
 製作:函館市民有志より発足・映画「海炭市叙景」製作実行委員会
 監督:熊切和嘉 脚本:宇治田隆史 撮影:近藤龍人 音楽:ジム・オルーク 
 キャスト:竹原ピストル、谷村美月、加瀬亮、函館市民エキストラの人々ほか

海炭市叙景4

 マイ・オールタイム・ベスト。
 冗談抜きで、自分の人生の一部になってしまった映画。

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:邦画
ジャンル:映画

tag:海炭市叙景 熊切和嘉

| 2011.12 |
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

江楠

Author:江楠
 
東海在住。 

コメント・TB・リンク歓迎です。

・好きな映画・アニメ
ホット・ファズ、晩春、妖怪百物語、ゾイド、ハガレン、ガッチャマンクラウズ など

・好きな漫画・小説
夢幻紳士シリーズ、修羅の刻、京極堂シリーズ、THE END OF ARCADIA など

ブログパーツ

Twitter

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンタ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR

ページtopへ