スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つの理/『鋼の錬金術師』再考察(1)

2012.07.30 00:50|作品単体感想
 本ブログで最初に書いた考察記事に致命的な破綻を見つけちゃったので、追記も兼ねてリライト。
 めっちゃ長くなってしまったので、分割して掲載します。
 
 単語、文章や論旨に何か間違いがありましたら、遠慮なくご指摘ください。

   ***

 『鋼の錬金術師』。通称『ハガレン』。作者は荒川弘
 2001年から2010年まで月刊少年ガンガンで連載され、全27巻。
 ここ十年の中で最も人気を呼びかつ素晴らしい完成度を誇った少年漫画の一つ、といっても過言ではないでしょう。
 原作漫画からアニメ、小説、ゲームとメディアミックス展開が仕掛けられ、中でも特にアニメ版の成功は特筆すべきものがあります。

 本記事は、ハガレンの最初のアニメ版『鋼の錬金術師』('03)及びその映画化作品『劇場版鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』('05)、原作準拠での新アニメ版『鋼の錬金術師 FULL METAL ALCHEMIST』('09)、そして再びの映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘<ミロス>の聖なる星』('11)、この三つのアニメハガレンについて、僕なりの考察を述べてみようというものです。

 また、03年の旧アニメ版→09年の新アニメ版→11年のミロ星、というふうに制作の時系列順に考察していくのが正道なのですが、本記事では訳あって新アニメ版→旧アニメ版→ミロ星の順でいきます。
 
 まずは、原作の概要と09年の新アニメ版(FA)について。

 鋼の錬金術師 新アニメ版 

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

tag:鋼の錬金術師 FA

| 2012.07 |
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

江楠

Author:江楠
 
東海在住。 

コメント・TB・リンク歓迎です。

・好きな映画・アニメ
ホット・ファズ、晩春、妖怪百物語、ゾイド、ハガレン、ガッチャマンクラウズ など

・好きな漫画・小説
夢幻紳士シリーズ、修羅の刻、京極堂シリーズ、THE END OF ARCADIA など

ブログパーツ

Twitter

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンタ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。