スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『UN-GO』同人誌:『SAKAGUCHI』

2012.08.23 01:06|
KC3O0151.jpg

 先日、用事で名古屋に行ったついでに、アニメイト名古屋で買ってきました。
 かるーく内容と感想など。

   ***

 本作『SAKAGUCHI』は、2011年秋放送の深夜アニメ『UN-GO』の同人誌です。

 いやあ、生まれて初めて同人誌買いましたよ。『人類は衰退しました』風にいうと「同類誌」?w 
 しかし同人誌といっても、寄稿陣は『UN-GO』でキャラクターデザインをつとめた高河ゆんをはじめ、もう片方のキャラデザのpakoとか作画担当の人やら監督の人やらと、ほとんど公式二次創作という感じです。(高河先生曰く「あまりにも公式ぽくなってしまったので悪さできませんでした」w)

 もともと今年の夏コミで高河先生が出してたもので、さすがにコミケまで行く余裕はない、でもほしいなあぐぬぬと煩悶していたところ、アニメイトでも委託販売やるよーとの情報が流れてきたので、早速買ってきた次第です。

 しかし、同人誌もだけど、アニメイトに入るのも初めてでした。いやあ色々濃ゆい濃ゆい。
 ずっと名古屋近郊に住んでてアニオタやってたのに、何で今まで行ってなかったんだ・・・?

 サテ内容ですが、pako先生の相変わらず美麗なUN-GOイラストや四コマ、コミカライズの山田J太先生の四コマ、あの人?によるミニ小説、そして高河先生の漫画二篇・・・等々、40頁弱ながら濃密な、『UN-GO』らしい同人誌でした。
 しかし高河先生、「悪さできなかった」っていうけど、これでも十分アレでしたよw 一応全年齢になってるけども。
 水島監督による『UN-GO』ができるまでの回顧録も面白かったです。
 どれも、『UN-GO』への愛あふれる作品となっていました。

 まだアニメイトとかとらのあなで取り扱いしてるので、欲しい方はお早めに。


 つーか、『UN-GO』放送開始(10月)からもうすぐ一年になるのか。
 ファンは勿論、スタッフからも未だにこれだけ愛されてるんだから、二期やらない手はないと思うんだけどな~。


 追記:あ、値段は税込みで840円でした。同人誌の相場とか全然分かんないけど、作品の制作陣が全面参加のものでコレなら、まあそんなに高い買い物ではないんじゃないかな?
関連記事
スポンサーサイト

tag:UN-GO 高河ゆん

Comment

コミケはサークル参加に限る。

 私がコミケに参加したのは、90年代の半ばまで。晴海の見本市会場時代です。東京ホテル浦島を定宿にしていました。

 サークル参加に限りますよ。一般参加は果てしない行列で待たなければなりません。
 夏は脱水症状になるし、冬は寒くて腰に悪い。

>晴雨堂ミカエルさん

コメントありがとうございます。

>  私がコミケに参加したのは、90年代の半ばまで。晴海の見本市会場時代です。

今ちょっと調べたら、成る程、昔は晴海だったんですね。で、90年代半ばに老朽化で今のビッグサイトに移った、と。
今はもうすっかりビッグサイトのイメージが定着してますねえ。

>  サークル参加に限りますよ。一般参加は果てしない行列で待たなければなりません。
>  夏は脱水症状になるし、冬は寒くて腰に悪い。

ええ、夏も冬もキツいと聞きますねw 
それでも毎年のべ何十万人も訪れるんだから、参加者の方々のバイタリティは素直に尊敬です。
通販も委託もないどうしてもほしい本でもない限り、参加することはないかなあ・・・。

No title

これは!!! 欲しい!!! 買わなきゃ!!!

UN-GO記事もっと書きたいですね、ちょっとしたことでも

まだまだ需要はありまっせと山Pに伝えたい.

>ヒノキオさん

コメントありがとうございます。

> これは!!! 欲しい!!! 買わなきゃ!!!

良かったですよSAKAGUCHI。
高河先生はじめUN-GOスタッフが肩の力抜いて遊んでる感があって、それだけでも買った甲斐がありました。
同人の委託だから、たぶんそれほど余裕もって刷ってはいないと思うので、お早めに~

> UN-GO記事もっと書きたいですね、ちょっとしたことでも

僕、よく考えたら全話観たうえでの感想とか全然書いてなかったんですよね。
まあ年内にはw書けたらいいなと。

No title

買っちゃったじゃないですか、どうしてくれるんです(えー

私も同人誌は初めてですが、本当に薄い本なんですね。普通の本を買い慣れてるので「えっ、このペラいのが800円!?」と手に取った時ビビりました。
内容はさすがに豪華ですね、高河さんの漫画は因果のキャラに違和感がありましたが(この辺が同人的?)面白かったです。pakoさんの絵はかなり好きかも。
水島監督の寄稿、最後の行のあれは期待して良いのでしょうかねぇ。

>ぽんずさん

コメントありがとうございます。

> 買っちゃったじゃないですか、どうしてくれるんです(えー

いやもうそれ狙って書いた販促記事ですからw
これで少なくとも自分含めて3人分の売り上げ増に貢献できて、ファン冥利に尽きるというものです。

> 高河さんの漫画は因果のキャラに違和感がありましたが(この辺が同人的?)面白かったです。

そうですね、あの漫画の中での因果は「本編の」因果というより、いかにもファンが妄想したような、「同人の」因果、という感じでしたね。
高河先生はそもそも同人出身だから、ここら辺は本領発揮といったところなのでしょうか。

>pakoさんの絵はかなり好きかも。

そういえばpakoさん作画の『因果論』コミカライズなんてありましてね(チラッ

> 水島監督の寄稿、最後の行のあれは期待して良いのでしょうかねぇ。

期待したいですねー。虚淵玄とのタッグの『楽園追放』の後でスケジュールが空いたら、是非!
また、ちょっと前にTwitterで、ノイタミナの山本Pと會川さんが何やら話し合いしてたらしいことが垣間見えたり、動きはないわけではないんじゃないかと踏んでいるんですけどね。
非公開コメント

| 2017.07 |
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

江楠

Author:江楠
 
東海在住。 

コメント・TB・リンク歓迎です。

・好きな映画・アニメ
ホット・ファズ、晩春、妖怪百物語、ゾイド、ハガレン、ガッチャマンクラウズ など

・好きな漫画・小説
夢幻紳士シリーズ、修羅の刻、京極堂シリーズ、THE END OF ARCADIA など

ブログパーツ

Twitter

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンタ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。