スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書き起こし:「おぎやはぎのメガネびいき」12.10.18 ~いろんなプルギス~

2012.10.20 01:05|ラジオ
 先日10月18日(木)深夜に放送された「おぎやはぎのメガネびいき」
 2月の「オギプルギスの夜」に続いて(前回記事を参照)、今回もアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の設定をパロって?声優陣もゲストに呼んだ、壮大な茶番をみせてくれました。
 その一部書き起こしです。

 あくまで僕の主観で場面や会話を取捨選択して文章にしているので、放送を直に聴いた印象とは違うものを感じるかもしれませんがご了承ください。
 誤字や聴き取り間違い等は今後チェックの度に修正していきます。
 
矢作「どうもこんばんは、おぎはやぎの矢作です」
小木「どうもこんばんは、おぎやはぎの小木です」


 最初は20分ほどだらっとしたトークを繰り広げた後、いよいよ本題へ。
 リスナーからは、「今日も雨や風が強い」「×××を×××する×××が止まらない」「ドランク鈴木がTwitterをやめた」「×××を見たらやっぱり×××だった」などと、今夜のプルギス企画の影響を知らせるメールが届きます。
そして突然、謎の声が。
?「おぎか、おぎか・・・」
 まどマギのマスコット?キャラ・キュゥべえ(CV:加藤英美理)でした。
小木「キュゥべえが、キュゥべえが助けを呼んでるよぉっ!」

 CMはさんで、本格的に魔法小木おぎか☆オギダ開始。
 相変わらず小木の「おぎか」に扮した女の子演技がキモいです。
QB(キュゥべえ)「おぎか。なんだいその声は?」

QB「スタッフさんに聞いたところ、『今が旬のプルギス』やら、『何言ってるか分からないプルギス』、それに『パッとしないプルギス』が来るらしい」
小木「プルギスってそんなにいるものなの?」
QB「何プルギスが、一番プルギスと呼ぶに相応しいプルギスか。いわば、これはプルギスオーディションと思えばいい。」
 
 要は、ゲストが「~プルギス」に扮して出演して、小木がそれぞれ対決(審査)して誰が一番プルギスなのかを決める、という企画のようです。もう「プルギス」って何?
 そして小木はQBと契約して「魔法小木おぎか☆オギカ」に変身。
小木「やったるでぇ~~~(エコー)」
 ♪TV主題歌「コネクト」

矢作「いや~すごい! いや~高まるねえ。何これ? 小木は相変わらずヒドいんだよ。ヒドいんだけどこの、編集が良いね!」
 リスナーからも、「いよいよ茶番が始まりましたね」「プルギスが退治されれば小木さんの芝居も良くなるんでしょうか」などと期待のメールが。
 そしてQBに続いて暁美ほむら(CV:斎藤千和)も声で登場。今回もナビゲーター役をつとめてくれるようです。


 改めて番組企画の趣旨を説明して、いよいよ最初のプルギスとの対決へ。
 異空間という名の別部屋から、矢作のいるブースに小木とプルギスの対決が中継されます。

小木「どんなプルギスが来るのかしら・・・。あっ、来た! あ、あなたは・・・」
?「我こそは山プルギス! そして絶望を撒き散らす者! 私の生み出したソウルジェムの大きさに恐れ戦くがいい、おぎか!」

 お笑いコンビ・南海キャンディーズ山里亮太でした。前回の「オギプルギスの夜」ではおぎやはぎとまどマギの間をとりもって放送を回したMVPです。いやー、やっぱこの人がいなきゃね!

小木「近寄るんじゃない、気持ち悪い顔しやがって!」
山里「気持ち悪いのは今関係ないだろ!」

 二人は変な効果音が響く中わちゃわちゃと取っ組み合い、あの話題へ。
小木「最近、品プルギスとはどうなってんの! えぇ!」
山里「それは、それは前回のオギプルギスの夜で終わらしたヤツだから・・・」
小木「終わってないわよそんなこと! どうなってんのよ!」
山里「最近そこら辺をフィーチャーされた番組を、あんまりいい目では観てないわよ!」

 たぶん、「アメトーーク!」の「どうした!? 品川」回だと思われます。
小木「じゃあ、これも聞いちゃうわ。あんた、青プルギスはどうなのよ?」
山里「青プルギスに関しては、誰か後輩が色んなオブラートに包んで本人に伝えて、一回怒られてんだよぉ!」

 ここでゴング。

 そしてほむらから対決への寸評が。
ほむら「二人とも。最初にしては良くやったと思う。・・・でも、ちょっと置きにいったわね。インパクトがもう少しあれば良かったんじゃないかしら。でも、ま、こんなもんじゃないかなと」
 淡々とした毒舌が、何かもう「暁美ほむら」つーか『化物語』の「戦場ヶ原ひたぎ」みたいになってんだけど。
 盛り上がりの無さを色々言い訳する山里に、
ほむら「キモい・・・キモ過ぎるわ!」(何故か2回繰り返した)
山里「今日映画で観た時、そんなこと言う子じゃなかったじゃないか!」

 映画ってのはまどマギの劇場版のことですね。
 つーか自分、結局観に行ってないのよな・・・。結局はTV本編の再編集だからなあ。まあ来年の新作は観に行きますよたぶん。


 CM後、番組Pのヒゲちゃんがドラクエを出会い系サイトとして使っているという話題から、山ちゃんの風俗事情や女性関係へ。
矢作「とある人から女子大生紹介してもらって、プルギスしようとしてるらしいねえ。(中略)プルってんの?」
山里「女子大生にですか? プルろうとしましたよそりゃ。・・・あのね、『まどか☆マギカ』とやっていく上で、“プルギス”の価値をこんな暴落させちゃダメ! そういう表現じゃない、プルギス。最強の魔女なんだから!」



QB「どうやら、最初のプルギスは不評だったようだね。仕方ないよ。あのプルギスには荷が重すぎた」
 もともと澄ました口調のQBは進行役が似合うなあ。
 そして次のプルギスは、「今が旬のプルギス」だそうで・・・。

小木「来たわね~! 何なのあんた、あなたは誰?」
?「我こそは筋肉プルギス~! 願いから生まれるのが魔法少女だとすれば、絶望するほど苦しいトレーニングの後で蛋白質を補給して超回復することで生まれるのが筋肉! 我こそは筋肉プルギス!脂肪など要らん、体脂肪・0%が理想だ。私からグリーフシードを奪ってみろー!」

 最近「いいとも」のレギュラーになったお笑い芸人・竹井壮でした。なかなか通りの良い声で、ラジオ向きです。しかも出演にあたってちゃんとまどマギを予習してくれたようで。

 しかし初対面なので、どう絡んで良いか分からない小木。
竹井「俺も分からない。だが俺は、魔法ババア・奈歩(小木の嫁)と仲が良いのだ~~!」
小木「ちくしょー魔法ババアと仲良くするなー! このやろー!」
竹井「さらにはその弟、ざわわの息子(歌手の森山直太郎)とも仲が良いのだ~!」

 やたら叫んで何か激しい運動をしているらしい筋肉プルギス。その横でただ騒ぐ小木。
ほむら「おぎか、ぼさっとしてないで、何か気のきいたことを言って!」
 しかし二人の対決が何やってるのかイマイチ分かりにくいので、早々に打ち切られてしまいます。
矢作「何をやっているのか・・・」
山里「腹筋している人をおぎかちゃんが応援しているようにしか聞こえないんですけど」
ほむら「このプルギス、このへんが潮時みたい」


 そしてまたほむらから対決の寸評。
ほむら「こういった出方は慣れていないのに、よく頑張ったと思う。ただ、筋肉プルギスには、勢いだけじゃそのうち苦労するってことだけは分かってほしい。(中略)あとおぎか、もう少し筋肉プルギスのポテンシャルを引き出せたんじゃないかしら」

 矢作と山里も、小木が本来プロレス的に受けとして筋肉プルギスを立てるべきだったが、そういうことできるやつじゃないので、どちらも一方通行になってしまった、と。
 また、筋肉プルギスこと竹井壮については高く評価しつつ、
山里「なかやまきんに君の竹井壮さんを見る目が尋常じゃなく冷たいんですよね」
 そして小木に中継を戻してみると、
小木「わたしに対するダメ出しプルギス多くないですかぁ」
 リスナーからも、「おぎかのキャラが前回より年食ったババアっぽくないですか」などとメールが。


QB「ふぅん、なるほどね。このプルギスは、今が旬というにはちょっと早すぎたみたいだね。ただ、有りっちゃ有り、じゃないかな。ぼくが決めることじゃないけど。決めるのは、君達だからね」
 そして次は、「何を言ってるのか分からない」プルギス。その破壊力は宇宙の寿命を終わらせるほどだとか・・・。
 CM後、プルギスの脅威に弱気になる小木。
 ほむらは、「もうすぐおぎかの力なってくれる人が来る」と・・・。

?「待たせちゃったね、おぎかちゃん」
小木「まどかちゃーーん!」

 前回「オギプルギスの夜」にも生出演して、その可愛さとSっ気をふりまいていったまどマギ主役の鹿目まどか(CV:悠木碧)でした。
矢作「まどかちゃん大丈夫なの? 明日も朝早いってきいてるけど」
まどか「大丈夫。だって「メガネびいき」のためだもん」


小木「頑張ろうねまどかちゃん。(ガサゴソ)まどかちゃん、これを使って」
まどか「うん、任せて。これがあればきっと倒せるはず」

 じゃらじゃらという音をだす「これ」、おそらくは・・・。
小木「さあ出てらっしゃい、次のプルギス!」
矢作「これはちょっとすごい敵なんじゃないの?」


 そして二人は三番目のプルギスが待ち構える空間へ・・・。
小木「出た!」
?「ウオ~~~~っっ!!」
小木「わっ!」
まどか「あぁっ!?」
?「ワタシハ! 金プルギス!ヤァ~~~っ」
小木「え? なんて言ったの?」

 香港出身の料理人にしてお笑い面でも売り出しているタレント、金萬福でした。マジで何て言ってるかよく聞き取れなかったので、科白間違ってたらごめんなさい。

小木「なに? 鍋とか、おたまとか持ってるけど」
金「オマエタチ、イタメテヤルヨ~~っ」
まどか「恐い! フライパンが近い! 恐い!」

 場は一気にカオスな状況、まさに魔女空間に。
金「チャーハン、コウゲキ! アア~~~っ」
まどか「熱い! どうしよう、超熱い!」
小木「米がぁ!」
まどか「米が服に入った! うわぁ~~」

 ほむらが「金プルギス。炒飯作りの名人よ」と解説するも、
金「チンジャオロース、コウゲキ~!」

 金プルギスの中華料理攻撃?に追いつめられる小木とまどか。
 しかし・・・。
まどか「こうなったら物理攻撃! ごめんなさーい!」
 前回の出演でも山ちゃんにぶつけていた小豆で反撃をこころみます。
まどか「ごめんなさい! 初対面なのにごめんなさーい!」
ほむら「まどかぁ!」

 一気に優勢に逆転した小木とまどか。
金「カワイイ! キミハ、カワイイ!」
まどか「そ、そんなことないよぉ」
小木「とどめだまどかちゃん! その小豆攻撃を、この金野郎に!」
まどか「絶対に負けない! 何言ってるか分からないプルギス! いっけー! 死んでしまえ~~~!! 死ね~!」
金「トメテ、トメテヨ~~~」

 カンカンカーン。ゴング。
小木「やった~! まどかちゃん、やっつけたよ~~!」
 どうにか勝利した二人。

ほむら「すごい戦いだったわ。何言ってるか分からなかったから、コメントのしようがないです。ただ、面白かったことは確かね。皆、グッジョブだったわ」
 その後、何故か金プルギスが復活するも、強引にCMへ。

 明けて、QBの言葉。
QB「君達、無事だったかい? すごい破壊力だったね。このプルギスは、何を話すか、何をするかではなく、勢いのみでも何とかなることを示してくれたんじゃないかな。でも・・・ちょっとうるさいよね」
 
 挿入歌のあと、金プルギスの衝撃も冷めやらぬスタジオ。
矢作「(この企画の)説明をしてるよね。オファーを出す時に。意味分かったのかな?」
山里「たぶん分かってないからこそじゃないですかね」

 まどかVS金萬福の夢?の対決もすごいと話す二人。リスナーからも驚きの声が多数寄せられていました。
山里「びっくりしてますよね。あんな可愛い女の子が、自分に『死ね~っ』って言いながら小豆投げてくるんですよ」 
 さらにまどかの状況説明も兼ねたリアクションも褒めていました。

 そして小木とまどか(悠木碧)の二人もブースに帰還。
矢作「すっごいね~まどかちゃん、白熱してんの分かったよ」
まどか「ソウルジェムが濁っちゃいました」(疲れ気味)
山里「危ないよ、まどかちゃんのソウルジェムが濁ったら、最強の魔女になっちゃうんだから!」

 まどかの出演に感謝する一同。
矢作「まどかちゃん、明日早いんでしょ?」
まどか「そうですね、朝10です」


 そしてここからは第二次審査。
 今までのプルギスもブース入りして、改めて誰が一番のプルギスかを競うことに・・・。

   ***

 はい、それからの流れも非常に面白かったのですが・・・僕の気力が尽きたので、書き起こしはここまで。
 まあハイライトである小木&まどかVS金萬福の場面はおさめられたのでいいでしょう。
 それに全部書き起こしちゃうと、万が一だけどアレがアレしてアレになっちゃうかもしれないし・・・。

 今回も、おぎやはぎのだらだらした雰囲気のなかで強烈な個性の持ち主同士のぶつかり合いがみられて、というか聴けて、大変面白かったです。
 おぎやはぎと声優陣の距離感も前回から引き続いて絶妙で、今回初参加のQBも良い感じでした。まどかは一層黒い面を全開にして、まどマギファンにとってお得感いっぱい! 山ちゃんも相変わらず自分を生贄にして周りを立てる良い働きをしていました。
 そして何より、金萬福さんのインパクトは破格でしたねー。絶対、まどマギとか企画の主旨とか把握してないと思われるフリーダムさは素晴らしかったです。

 それにしても、前回「オギプルギスの夜」は、まどマギTV本編放送からかなり経った時期におぎやはぎが主体的に仕掛けた自由な企画だからこそ面白かったわけですが。
 今回はまどマギの劇場版と同じ時期にやるということで、映画宣伝のためのコラボ企画の意味合いが強いのかなあとちょっと不安だったのですが、蓋を開けてみればむしろ前回より芸人ラジオとしての方向にギアを入れたものになっていましたね。いやー安心ていうか感心。

 まどマギは今後の映画新作・続編も控えているし、これからも「魔法小木おぎか☆オギダ」は定期的に続けていってほしいですね。
 

 追記:
 >前回より芸人ラジオとしての方向にギアを入れたものになっていましたね
 実際、僕はここんとこお笑い番組から遠ざかっていたので、今回の竹井壮や金萬福のこと全然知らなくって、ラジオ聴きながら名前ググったりしてましたからねw 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:TBSラジオ
ジャンル:テレビ・ラジオ

tag:おぎやはぎのメガネびいき 魔法少女まどか☆マギカ

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【書き起こし:「おぎや】

 先日10月18日(木)深夜に放送された「おぎやはぎのメガネびいき」。 2月の「オギプルギスの夜」に続い
| 2017.07 |
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

江楠

Author:江楠
 
東海在住。 

コメント・TB・リンク歓迎です。

・好きな映画・アニメ
ホット・ファズ、晩春、妖怪百物語、ゾイド、ハガレン、ガッチャマンクラウズ など

・好きな漫画・小説
夢幻紳士シリーズ、修羅の刻、京極堂シリーズ、THE END OF ARCADIA など

ブログパーツ

Twitter

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンタ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。