スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!moviesのユーザーレビュー紹介

2011.11.24 22:31|海外レビュー
 この「海外レビューの紹介」カテゴリでは、主にアメリカの映画レビューサイト:Yahoo!moviesに投稿された映画レビューをいくつか一部抜粋して、私なりに日本語訳して紹介していく予定です。

 元々はYahoo!の日記(DAYS)機能の枠でのんびりやっていたのですが、DAYSの閉鎖にともない途絶えていました。しかし折角ブログも作ったことだし、こっちで続けていこうかと。
 あくまで私の貧弱な英語力による翻訳なので、どう頑張っても誤訳が出る可能性があります。また、日本語として意味を通らせるために若干意訳することもあります。
 一字一句その通りだとは思わず、文章のだいたいのニュアンスを読み取る程度でお願いします。

 まずは、肩慣らしの意味も含めて、Yahoo!DAYSに載せていた記事を一つ、加筆修正を加えてこちらに移しておきます。だいたい毎回こんな感じです。

***

 今回紹介するのは、『インセプション』『トイ・ストーリー3』『踊る大捜査線 the movie 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』の三本です。


 まずは『インセプション』。これ、凄いクオリティの高い作品なんだろうけど、個人的にはあの威圧的な雰囲気が苦手だったんですよね・・・。公開本場のアメリカではどうだったのでしょうか・・・。

 『INCEPTION
 インセプション

 ・公式評論の評価平均:B+ 
 ・Yahoo!moviesのユーザーレビューの評価平均:A- 
 ・レビュー総数:2156件(2011.3.21時点)

 Jasonさんのレビュー
http://movies.yahoo.com/mvc/dfrv?mid=1810099246&uid=3TMSR.X6i8tPhCjqWSLFD...
私は42歳の科学者である。(中略)皆が本作がどれだけ素晴らしいかを言って聞かせるので、観に行きたかった。(中略)そして今、私のレビューである。(中略)私は全てにおいて興奮を感じなかった。(中略)この話は、優れた本にはなるだろうが、映画にするには難しいのだと思う。

 dki21さんのレビュー
 http://movies.yahoo.com/mvc/dfrv?mid=1810099246&uid=lDpusvP9jMuPk8Mb5vHg&...
 「私は(この映画に)CやD、F評価をつけたユーザーレビュー群を読んできたが、彼 らは非常に年少か、もしくは、ストーリーラインを追って満足感を得られるほどには賢くなかったのだと結論づけた。たぶんその中には『エクリプス』に高評価をつけているのと同じ観客がいるだろう。(中略)クリストファー・ノーランは、スコセッシ、スピルバーグ、イーストウッドのような、優れた映画を堅実に作り出すギフト(英語慣用句で、「神様からの贈り物」=「天賦の才」という意味)をもった数少ない映画監督/脚本家の一人である

(僕の意思で匿名にさせてもらいました)さんのレビュー
この映画を評じる否定派どもには耳を貸すな・・・、ヤツらは明らかに、知識人の観るこのタイプ(の映画)を理解できるほど年の長じていない、brain dead teenagers(凄まじい表現だったので原文ママで)だ!


 レビュー全体では、やたら「コレを低評価する奴は年の足らん馬鹿」という意見が目立ってましたね。この映画の絶賛派と酷評派の間には深い深い溝が横たわっているようで・・・。共通しているのは、どっちも結構問題アリだな、と。この辺は日本のYahoo!映画と変わらないなーと思いました。

 2番目のレビューの『エクリプス』ってのはたぶん『トワイライト』シリーズの第三作のことでしょうね。
 そして3番目のレビュアーさんの“Brain Dead Teenagers”って表現がやはり凄すぎる。日本語に直すと、“脳が死んだ10代のガキ共”って感じかなあ。
 なんか色々こじらせてそうな。

 とりあえずノーラン監督は最新作『ダークナイト・ライジズ』に期待。ジョーカーいなくても大丈夫なのか、それとも。

 ***

 続いて、『トイ・ストーリー3』です。

 『TOYSTORY3
 トイ・ストーリー3

 ・公式評論の評価平均:A-
 ・ユーザーレビューの評価平均:A 
 ・レビュー総数:965件(2011.3.21時点)

 Amberさんのレビュー
 http://movies.yahoo.com/mvc/dfrv?mid=1809266566&uid=IVkQJCr4isAlGwdT1_TS4...
この映画を観て、初めてレビューを書きます。これは僕の義務だと感じたのです。(中略)僕は17歳で、また、今年の8月に大学に行くことになっています。色々な意味でアンディと一緒に育ってきたように感じています。『トイ・ストーリー』シリーズは僕の子ども時代でした。ある意味、この映画を観た今、僕の子ども時代が終息したように感じています。(中略)ラスト20分間は、劇場内に目が乾いている人はいないでしょう。

 PattiDさんのレビュー
 http://movies.yahoo.com/mvc/dfrv?mid=1809266566&uid=ZAWaozvphtbjVuIB7qGEj...
私は、16歳、7歳、2歳の三人の子どもを連れていきました。私たち全員、本作が大好きです! (中略)本作は全ての年齢層に向いています。

 Lilyさんのレビュー
 http://movies.yahoo.com/mvc/dfrv?mid=1809266566&uid=yD8L2Bb0jtAzKfz9v1leCYF1qRU-&s=&i=2&spl=0
 「本作を形容する言葉が見つからない。想像してほしい、『Mr.インクレディブル』の運動性、『ファインディング・ニモ』の洒落たジョーク、『レミーのおいしいレストラン』のテーマの洗練、『ウォーリー』の甘美なロマンティシズム、『カールじいさんの空飛ぶ家』の感動的な重量、全てがこのフィルムにまとめて注ぎ込まれているのだ。

 Amyさんのレビュー
 http://movies.yahoo.com/mvc/dfrv?mid=1809266566&uid=QlYogBL4ittqRBW4F_5fx...
『トイ・ストーリー3』を観て、アニメ映画が、実写映画の中の人間――『Aチーム』のような――よりもどれだけ人間的でキャラクターを掘り下げていて、感動的であるかを思い知った。


 いやー、やっぱり絶賛傾向でした。特に、自分の子ども時代を思い出しながら観ていたというレビュアーさん達は皆熱烈に称賛していましたね。

 あと、同時上映の短編『デイ&ナイト』に言及していた人も多かったです。これも、皆口ぐちに傑作だと評していました。これ、観れてないんだよなあ・・・。

 私はコレDVDで観ました。もうノックアウトでした。映画館で、コレを観るか『インセプション』を観るかで悩んだ挙句、あっちを選んじゃったんだよなあチクショー。

 一番目の17歳のレビューは心に残りましたね。私も全く同意見だったし。しかもこれ、現在Yahoo!moviesの本作についてのレビューで最も役立ち度がついているレビューでもあります。

 日本でも大人気だったトイ・ストーリーですが、日本はただでさえアニミズム精神が根付いてるから、「おもちゃが心をもつ」という設定を苦もなく受け入れられたんでしょうね。まさに「付喪神」だし。しかも、ウッディたちが最後に焼かれそうになるという展開は、日本の付喪神が出てくる室町の『百鬼夜行絵巻』のラストと符合していてですね・・・いやいや何の話だ。

 あと、劇中の幼稚園で、まさかの×××の登場はびっくりで、何かすごく嬉しかったなあ。海を越えて愛されてんだなあ、と。

 *** 

 最後に、『踊る大捜査線the Movie2-レインボーブリッジを封鎖せよ!-』です。

 一般的には大人気、映画ファンからは大不評。邦画界を良くも悪くも一変させた記念碑的(つーか慰霊碑的?)作品。僕は、観た当時「『踊る』サイコー!」と叫んでいたクチです。タイムマシン欲しい。

 これ、海外向けに再編集して音響をスカイウォーカーサウンドで録り直して、『BAYSIDE SHAKEDOWN2』と銘打って向こうで公開されたんですよね。

 さて、Yahoo!moviesでの評価はどうだったかというと・・・。

 『BAYSIDE SHAKEDOWN2

 ・公式評論の評価平均:なし
 ・ユーザーレビューの評価平均:C+ 
 ・レビュー総数:0件(2011.3.21時点)

 出オチじゃねーか!!!

 えーと、これはどういうことかというと、評論家からは見向きもされず、ユーザーレビューでは評点だけつけられてレビュー文は1件もなしだったということです。

 あまりにもあまり過ぎて笑っちゃったよ。Disレビューばっかりより酷い。だって、本作より明らかにマイナーだったハガレンの映画でもレビューが28件あったのに。せめて評論してくれよう。

 「『踊る』ブームは世界で起こっているんじゃない・・・国内だけで起こっているのよ」
 「(Yahoo!moviesで)レビュー封鎖されてます!」
 「亀山さん、本広さん、君塚さん、聞こえるか・・・? どうしてYahoo!moviesにレビューが流れないんだ!」
 なんてね。



 まあこんな感じで引き続き書いていければと。
 英語だらけのサイトで好みの映画探して面白いレビューピックアップしてそれを翻訳って、かなりの労力なので、更新間隔はかなり長くなりそうですが。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画
ジャンル:映画

Comment

おぉ、復活しましたね

翻訳サイト大好物なので、こういう記事書ける人は尊敬です

この年にしてちょっとずつ英語の勉強スタートしました
海外アニメサイトの影響か、スラングだけは妙にわかっちゃうんですけど
ヲタクはスラング使い過ぎて、褒めてるのか貶してるのかわかりづらいw

brain dead teenagers

これは初耳でした
ピーター・ジャクソンの『ブレイン・デッド』とは関係なくなんですかね

しかしクリストファー・ノーラン、アロノフスキー、
ダニー・ボイルのカリスマ化だけは苦笑で見守ってます
編集が下品で・・・
若者にウケるのはわかるんですけどね、
ある程度映画を見てきた大人にはもう少し冷静になって欲しい気もしちゃいます

ヴェンダースやジャームッシュ世代の反動なのか・・・

Re: ヒノキオさん

 はい、復活です。
 そもそもYahoo!DAYSの最後で、ブログに移行するつもりはないとか書いておきながら(笑)
 何だかんだで「発信欲」みたいなものが自分の中で大きくなったんだなあ、と。

 翻訳といっても、短文をいくつか訳すのが精一杯ですけどね。
 「誤訳御免」や「海外の反応とか」みたいには、とてもとても。
 しばらく英語の勉強サボってたので、この機会に私も改めて始めようと思います。

 ああ、もう「ブレイン・デッド」っていう言葉があるんですか。
 レビュアーさんだし、そこから引用したのかもしれませんね。

 ノーラン監督は、私は初見作が『ダークナイト』で、それで「すげー!」と感じたものの、『インセプション』で「すごいけど・・・アレ?」と疑問符がついちゃったんですよね。
 実力があるのは間違いないけど、確かに、過大評価されているきらいがあるかもです。
非公開コメント

| 2017.05 |
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

江楠

Author:江楠
 
東海在住。 

コメント・TB・リンク歓迎です。

・好きな映画・アニメ
ホット・ファズ、晩春、妖怪百物語、ゾイド、ハガレン、ガッチャマンクラウズ など

・好きな漫画・小説
夢幻紳士シリーズ、修羅の刻、京極堂シリーズ、THE END OF ARCADIA など

ブログパーツ

Twitter

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンタ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。