スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『乱歩奇譚 - Game of Laplace - 』第1話「人間椅子(前編)」 ・感想

2015.07.03 01:45|乱歩奇譚

 「その日、初めて退屈じゃなくなった」
 
   ※※※

 さあ始まりました『乱歩奇譚』。

 「ノイタミナ枠」での「戦中~戦後に活躍したホラー・探偵小説作家の作品群を原案としたオリジナルアニメーション」という、個人的に琴線を刺激しまくりの本作。
 ここ数年の中でもとりわけ期待と不安にかられまくって、死ぬほどソワソワしながら第1話放送を迎えたわけですが。
 まずは結論から言って、本作は本作として他と無用に比べるまでもない面白さがちゃんとあり、とても楽しく観られるものだった・・・ということです。
 自分がどうしても重ねて観てしまう部分はあるけれど。

   ※※※

 アバン、主人公のコバヤシの視点で物語は始まる。彼(?)の見えている世界は色彩を欠いて、自分以外の人々は灰色のシルエットになっている。その中でひらひらと舞う蝶だけが色鮮やか。
 そしてOPをはさんでAパートに入ると、コバヤシは教室に倒れている。その手には血まみれの鋸が握られており、起きたコバヤシが目を向けた先にはバラバラ死体が・・・。
 殺人事件の容疑者として疑われる中で、コバヤシに接触してきて彼がただのモブ以上と認識した人々は、シルエットから色づいたキャラクターとして明在化していく。性善説的な警部・カガミ、うさんくさい部下・ナカムラ、コバヤシを心配する生徒会長・ハシバ、そして現れる少年探偵・アケチ。
 コバヤシは自分が疑惑をかけられる状況に戸惑うどころか「退屈じゃなくなった」と歓喜し、自ら事件の謎に飛び込んでいく。ハシバの制止やアケチの「壊れるぞ」という忠告も意に介さず。
 しかしそんな中、事件の被害者である教師が実は連続殺人犯だったことが発覚し、コバヤシは彼の共犯者として再逮捕されてしまう・・・。


 まず、コバヤシの視界の描写、モブ→キャラクター化の演出、「観たいものを観る人々」や「加害者だった被害者」等の作劇から、本作がコバヤシの目線に沿って千変万化する認識を問う、非常に「主観的」な作品だということは分かる。
 それは、幻想・猟奇・推理の物語で読み手の認識を揺さぶってくる江戸川乱歩作品群のアニメ化として相応しい作品性だ。
 だからコバヤシが「少年」とされているのもいずれ視聴者の認識をひっくり返すブラフだという可能性はゼロじゃないんです、ええ。
 
 そしてコバヤシの主観描写や危険・窮地を楽しむ危うい精神性が描かれる中、アケチからコーヒーをもらっても口をつけずに持参の飲み物で済ましたというシーンが目をひく。実は彼は自他・主客の線引きをきっちりつけているという演出ではないだろうか。そのうえで狂気に身を浸そうという彼の危険性がより露わになる(ついでに、アケチを警戒しながらもあっさりコーヒーを飲んだハシバの素直さが描かれたシーンでもある)。

 また、時代設定を乱歩作品の戦中~戦後ではなく現代に置き換えていることについて、それが今後どういう役割を果たすのかも気になるところ。メディアの報道規制の辺りが、本作の「主観」「認識」のテーマとより噛み合っていくのでないか・・・と予想。

 とりあえず、メインストーリーである事件の犯人捜しについては、やっぱりあの新任の先生が怪しいなあとは思ってはいるけど、確証や根拠は自分にはまだはっきりしないので、一週間後を楽しみにしていよう。原案の人間椅子を読むのは、その後でもいいかな。


 余談: 
 自分の住んでる静岡の放送枠上、『乱歩奇譚』の後に『暗殺教室』が控えていたのですが、ショタが鋸持って殺人疑惑をかけられた『乱歩奇譚』放送の直後に『暗殺教室』で開幕暗殺者の中学生男子が刃物もってハッスルしてて、吹き出しました。ていうか監督と脚本家同じじゃねーか!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

tag:乱歩奇譚

Comment

非公開コメント

| 2017.05 |
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

江楠

Author:江楠
 
東海在住。 

コメント・TB・リンク歓迎です。

・好きな映画・アニメ
ホット・ファズ、晩春、妖怪百物語、ゾイド、ハガレン、ガッチャマンクラウズ など

・好きな漫画・小説
夢幻紳士シリーズ、修羅の刻、京極堂シリーズ、THE END OF ARCADIA など

ブログパーツ

Twitter

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンタ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。