スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメOP&EDベスト5

2011.11.15 00:31|アニメランキング
 タイトル通り、アニメOPソングのベスト5をやろうと思うのですが・・・。
 痛い・・・全身が痛い・・・。キー打つだけで筋肉が軋む。
 それというのも、先週末に、久しぶりに女の子達と××××したんですよね。
  
 

 いやもう本当に久しぶり、半年くらいはご無沙汰だったので、ただでさえ下手くそなのに、やっと覚えたテクとかすっかり忘れちゃってるんじゃないかって、場所に向かう道すがらかなり不安でした。しかも私含めて3人以上でなんて初めてだったので。
 でもいざ始めてみると、体が覚えてるもので、自分基準では結構上手くできた方だったと思います。それ以上に、他の女の子達がめちゃくちゃ上手かったんですけど。
 何より、上手下手関係なしに、やっぱり気持ちイイですね。もう快感快感。ストレス発散にはもってこいです。病みつきになりそう(笑)
 夜の十一時から始めて、途中で何人かは帰って、後は私含めて残った4人で朝の五時過ぎまでずーっとやってました。若さだよなあ、十年後だったら絶対できない自信がある。
 しかし家に帰ってからひと眠りすると、起きたらもう体中が痛い痛い! 喉と肩と腰を中心に全身筋肉痛になってしまいました。
 まあ、立派な有酸素運動ですからね。それを一晩中だから、寝不足と合わさってえらいことになりました。前もそうだったし。
 日曜日はほとんどベッドの上でした。一日経っても未だに痛いです。
 
 いやー、でも、本当に楽しかった。気持ちよかった。
 また皆で行きたいな~、カラオケ

 イラスト系美術サークルの打ち上げの二次会のメンバー・・・要するにオタクの集まりでのカラオケだったので、皆歌う曲目はアニソンやボカロ曲が多かったですね。本当に皆上手かったです。
 私は下手くそなりに、小中学校の音楽の時間で歌った定番の曲、親父ゆずりの70年代フォークソング、イギリスロック, そしてやっぱり好きなアニソンなどを。

 というわけで、アニメOP&EDソングのベスト5です。(どんな前説だ)
 先日せっかくアニメBEST10をやったんだから、OP&EDベストもやっておこうと。
 OP&EDはTVアニメの顔! 内容よりむしろ楽曲でアニメを覚えている方は結構多いのではないでしょうか。
 アニメベストとは結構かぶるものの、順位は全く違うものになりました。これも例によって思い入れ優先のパーソナル・ベストですが。

 それではスタート。
 
OPベスト5 

 ・5位:flip side「LEVEL5-Judge Light-(『とある科学の超電磁砲』)
  
 一クール目の「Only My Railgun」の方が有名でしょうか。私はこっちのがより軽やかで優美で好きです。
 PV映像はアニソン史に残る珍作。一体どうやってその企画通した?

 ・4位:origa「rise(『攻殻機動隊S.A.C. 2nd Gig』)
 
 「歌いたいけど歌えないアニソン」としてはベスト1じゃないでしょうか。ロシア語と英語織り交ぜて高音ってそんなご無体な。一部歌詞和訳“為すべきことを為せ、恐れは審判の日までとっておけ”

 ・3位:和田光司「Butter-Fly(『デジモンアドベンチャー』)
  
 カラオケではいつも履歴に残ってますね。「でもやるんだよ」スピリッツの、90年代の子どもたちを勇気づけた最高の歌詞。
 
 ・2位:COOL JOKE「UNDO(『鋼の錬金術師』)
  
 旧ハガレンは名曲揃い。しかもどれもこれも作品にぴったりハマってます。特にテーマを捉えていると思うこの曲を。

 ・1位:RAMAR「Wild Flowers(『ゾイド -ZOIDS-』)

 個人的に永遠の一曲。何故だか帆船で海に繰り出す冒険者の姿が浮かぶ。20歳越えて改めて聴くとめちゃくちゃ味わい深い。


EDベスト5

 ・5位:小川直也☆岩佐真悠子「勝手に侵略者(『ケロロ軍曹』)
 
 美女と野獣コンビで、エゴ全開の歌詞を楽しげに。こういうテキトーな歌も好き。

 ・4位:ZONE「secret base~君がくれたもの~(『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』)
 
 元々良い曲だったのが、『あの花』効果で、自分の中でも急激にランクアップ。『今日の5の2』でもEDでしたね。これからこの曲聴く度に切なくならにゃいかんのか。

 ・3位:See-Saw「あんなに一緒だったのに(『機動戦士ガンダムSEED』) 
 
 内容で色々と言われるガン種ですが、楽曲はやたら良かった。このEDへの“入り”も毎回素晴らしかったです。

 ・2位:佐咲紗花「Zzz(『日常』)
 
 「月灯り」の再来というべき、良い意味で眠りを誘う理想的ED。しかも7話以降はアカペラ版、ボサノヴァ版など毎回アレンジ付けて。非常に「TVアニメ」的な在り方のEDだったと思います。

 ・1位:小川七生「月灯りふんわり落ちてくる夜(『クレヨンしんちゃん』)
 
 理想のEDって、いわゆる“浄化ED”って呼ばれるような、アニメ本編後で昂ぶったりヘコんだりした諸々の感情を洗い流してくれる、現実生活に支障を来さず戻り一日を終えるための、静かで清浄な一曲だと思うんですよね。
 その意味で限りなく理想に近い、最高のEDソングかと。


番外
 歌:佐咲紗花「翼をください (『日常』第14話)
 
 ヒノキオさんも言ってたけど、あの時期のこの選曲にはぐっと来るものがあった。
 そのあとも『日常』2クール目ではEDで毎回想い出深い合唱曲が流されました。
 「ED作品賞」ってものがあるとしたら『日常』がトップだなあ。






関連記事
スポンサーサイト

Comment

exさんの下ネタ、やだ興味ある~w

新鮮でGoodです
いいな~、大学サークルのカラオケ楽しそう 青春ですね♪

一時期世界でどれほどの人が
「あめりかん・いでぃおっつ!」とカラオケで叫んでスカッとしたことでしょうw

僕もなんだかんだで「月明かり~」かなぁ
幽白のEDテーマも名曲揃いでした.

アニソンばかりは
幼い頃に見た作品の方が有利ですね

UNDOのPV初めて観ました、インパクト大!

Re: タイトルなし

え、下ネタ? ただのカラオケの記事ですよ?(笑)

いやー、無反応だとイタ過ぎるからこの部分削除しようかと考えてたところなので、有難うございます。


青春・・・オタク系サークルでのカラオケなので、独特の陰気が籠もってて、一般的な輝かしさとは無縁ですけどねえ・・・

複数人でのカラオケって、ひとによっては好き嫌い激しく分かれますね。
うちの弟は、私よりよほど社交的で青春真っ只中ですがカラオケは大嫌いで。

アニソン、確かに、特にEDは子ども時代に観たファミリーアニメが強かったですね。

最初『名探偵コナン』の曲も入れようかと思ったんですが、キリがなくって。
また、小松未歩「謎」をはじめ、コナンの楽曲はやたらカラオケ向きの歌が多いような。

『UNDO』は、歌詞が切ないわりに曲調やPV映像は直球で豪快で、その落差が面白いです。
歌うCOOL JOKEも、ライブでは気さくで色々天然で、バンドの音楽を大事にしてインディーズから再出発したりと、とても好感のもてるバンドグループです。
非公開コメント

| 2017.03 |
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

江楠

Author:江楠
 
東海在住。 

コメント・TB・リンク歓迎です。

・好きな映画・アニメ
ホット・ファズ、晩春、妖怪百物語、ゾイド、ハガレン、ガッチャマンクラウズ など

・好きな漫画・小説
夢幻紳士シリーズ、修羅の刻、京極堂シリーズ、THE END OF ARCADIA など

ブログパーツ

Twitter

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンタ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。